予防歯科、審美歯科、インプラントの事なら地下鉄谷町線「守口駅」徒歩1分のまつむら歯科クリニック

まつむら歯科クリニックの院長紹介

医院理念

  • 「いつまでも自歯でおいしく食事できる、健康な暮らし」をサポートする
  • 患者様の不安に寄り添い、苦痛や痛みの少ない治療を提案する
  • 『守口市』=“口を守る市”から、正しい情報を広く発信していく

治療コンセプト

健口寿命を延ばす3つのコンセプト

体と心に負担の少ない治療
当院では、心身の苦痛を軽くするための無痛治療をおこなっています。それは麻酔の際にも同様です。まず麻酔注射刺入時のチクッとした痛みを軽くするため、歯茎にジェル状の表面麻酔を塗布。さらに、0.3mmの極細針を取り付けた電動注射器を用い、一定の圧力と速度で麻酔注射をおこないます。また冷たい麻酔液を注入すると歯茎に痛みや不快感を覚えるので、体温と同じくらいに温めた麻酔液を使用します。
なお、長い治療期間中、終了するまで無理なく通院できるよう、来院しやすい曜日・時間帯や一回の治療時間などを考慮。患者様のライフスタイルやご要望に合わせ、お一人お一人にとって最適な治療計画をご提案します。
できるだけ自身の歯を残す治療
時代が進むにつれて、義歯やかぶせ物の技術はどんどん進化し、性能のいいものがたくさんつくられるようになりました。それらを使って、違和感なく日々の食事を楽しむことは確かにできます。しかし、やはりもともと持っている天然歯以上に、自分にぴったり合う歯はありません。当院では、患者様が「いつまでもしっかり噛んでおいしく食事ができる」健康な生活を送れるよう、“できるだけ削らない”“できるだけ抜かない”ことを頭において、必要最小限の治療を心がけています。これから何十年にわたる人生を快適に過ごしていただくために、患者様自身の歯をできるだけ多く残す最適な治療をご提案します。
歯の健康診断で予防&維持
全身の健康診断は、誰もが「年に一度、しなくてはいけないもの」というイメージを持っていると思われますが、実は身体と同様に、歯にも健康診断が必要なのです。当院では人間ドッグならぬ“デンタルドッグ”を推奨。「レントゲン撮影・口腔写真撮影・歯周病検査」をセットにした歯の健康診断(基礎検査)を定期的におこなうことで、虫歯や歯周病を予防するお手伝いをします。もちろん、定期健診は治療後のいい状態を長く維持するためにも欠かせません。また治療のために通院された患者様だけでなく、「いまは特に歯の痛みや不具合を感じない」という方にも、定期的な歯の健康診断をおすすめしています。

院長紹介

院長 松村 圭一朗

院長 松村 圭一朗

経歴
  • 1980年 京都で生まれる
  • 1996年 茨木市市立西陵中学校卒業
  • 1999年 私立関西大倉高校卒業
  • 2006年 国立徳島大学歯学部卒業
  • 2006年~ 徳島大学附属病院勤務 卒後臨床研修修了
  • 2007年~ 山口歯科クリニック勤務(徳島県)
  • 2010年~ すずき歯科クリニック勤務(兵庫県)
  • 2014年~ まつむら歯科クリニック開院
所属学会・臨床勉強会
日本顎咬合学会(咬み合わせ認定医)
日本包括歯科臨床学会 会員
筒井塾咬合療法研究会
日本ヘルスケア歯科学会
神戸ケアクラブ
グリーンクラブ
Nライン
守口市歯科医師会

プレオルソセミナー受講
 GOP(矯正セミナー)受講
 Strumann Basic セミナー受講(インプラント)

守口サンフレンズ保育園 嘱託医(2018.09~) 

ごあいさつ

はじめまして、院長の松村圭一朗です。
2014年3月10日、守口市京阪本通りで開院することになりました。
以下の医院コンセプトの元、小さなお子様から妊婦さん、ご高齢の方まで、すべての世代の方に安心して来ていただける医院を目指します。私達の願いは、「いつまでも、みなさんが健康で、噛んでおいしく食事ができること」です。

お口の健康=体と心の健康

その為に、医院スタッフ一同、お手伝いできるように努めます。
悪くなった方は、原因を追求し、しっかり治療を行います。治療後の方や問題のない方は、再治療や治療をせずに済むように、しっかり予防を行います。Cure(治療)&Care(予防)型の医院です。今後ともよろしくお願いします。

ドクター紹介

ドクター 松村 めぐみ

歯科医師 松村 めぐみ

経歴
  • 1982年愛媛で生まれる
  • 2006年国立徳島大学歯学部卒業
  • 2006年~徳島大学附属病院勤務 卒後臨床研修修了
  • 2007年~蓮井歯科ファミリークリニック(香川県)
  • 2010年~尾形歯科医院勤務(徳島県)
  • 2007年~かなやま歯科医院勤務(兵庫県)
  • 現在一児の母

スタッフ紹介

  • staff_ph2[1]3
  • staff_ph2[1] のコピー3